数字は1つひとつが意味を持っています。一般的に易学では、太陰暦という暦を使っていますが、情報推命学でもこれをベースにアレンジし、縦3×横3の9つのマスに情報を数字化して入れます。数字の組み合わせで、その人にとってのプラスマイナス、陰と陽が分かるのです。さらに展開すれば、わたしたちが生まれてきた本当の意味、前世からのメッセージ、そして役割、使命、ミッションがわかります。これらを明らかにすれば、必ずこの世は生きやすくなるのです。

 アメーバはもちろんのこと、野に咲く可憐な花も、水槽で元気よく泳いでいる金魚も、百獣の王ライオンも、人間までも同じDNA(遺伝子)という4つの暗号、つまり情報で構成されているから驚きである。かつて私達が生物の授業で学んだ、ダーヴィンの生物学。下等動物からだんだん進化して人類になったとする進化論は、もはやクズ箱行きである。なぜって、いつまで待っても猿は猿で人間にはならない。猿は今の環境に適応するだけで満足し、これ以上に飛躍し、生き延びたいと思わないから猿のままで分化しない。設計図DNAは生き延びたい。次の環境の激変をも克服し、将来くるだろう激動をクリアして生き残りたいというハート(精神)という情報で構成されていることが解明された。現象や形態だけで、つまり目に見える世界だけで分析していたダーヴィンの進化論の敗北である。

情報推命学とは

​What is it really like?

その人の持つあらゆる情報を数字で表して解読する易学であり、エネルギー学です。 

 生年月日、生まれた時間と場所(住所)、名前などにより、

その人の基本的な運勢とエネルギー傾向(波動)を解読するものです。

  • Facebook App Icon
  • Google+ App Icon

© 2017 by Jouhousuimeigaku Kyushu HP produced by @planning

​京都生涯学習カレッジニュークリアス九州支部のホームページへリンクしています。お友達にも教えてあげて下さいね。